沿革
トップページ ≫ 沿革

沿革

昭和24年 8月 外園 繁の個人経営で栄養化学研究所を設立。
乳酸菌飲料原液(18l)の製造販売開始。
昭和33年 4月 東京・大阪に工場を設け、独立採算制を導入し、分社化。
商号を東京ヨーグルトン・大阪ヨーグルトン・西日本ヨーグルトンとして発足。
昭和44年 2月 西日本ヨーグルトンから株式会社ヨーグルトン乳業に社号を変更。
濃縮飲料(1800ml瓶)の製造を開始。
昭和45年 6月 農林水産省JAS(果実飲料)認定工場となる。
昭和47年 3月 自動販売機用シロップ(1800ml瓶)の製造を開始。
昭和52年10月 2000ml紙パック充填機を設置。
自動販売機用シロップ(2000ml)の製造を開始。
昭和55年 3月 濃縮飲料(1800ml)の容器を瓶からポリエチレン容器に変更。
昭和61年 4月 自動販売機用シロップ 3ガロン・5ガロン(プレッシャータンク)の製造を開始。
ダイエーPB濃縮飲料(1800ml)の製造を開始。
昭和62年 3月 濃縮飲料(1000mlポリエチレン容器)の製造を開始。
平成 2年 3月 200ml紙ブリックパック充填機を設置。
ストレート飲料(200ml)の製造を開始。
平成10年 1月 500ml・1000ml紙パック充填機を設置。
濃縮飲料(500ml)の製造を開始。
ダイエーPB濃縮飲料(500ml)の製造を開始。
平成10年 8月 BIB(バックインボックス)充填機を設置。
自動販売機用シロップBIB(2.5ガロン)の製造を開始。
平成15年 2月 新工場へ移転、本稼動。
自動販売機用シロップ2000mlから1800mlへ変更
平成15年 8月 自動販売機用シロップBIB2.5ガロンを1.25ガロンに変更。
平成18年 3月 倉庫新築完成。
平成18年 4月 代表取締役社長の前原省三が取締役会長に就任。
代表取締役社長に前原輝彦が就任。
平成21年 4月 1000mlストレート飲料発売
平成24年3月 1000mlポリエチレン容器から紙容器へ変更
Copyright© 2013 Yogurton MILK Co.,LTD All Rights Reserved.
ページトップに戻る